セラミック炭と自然素材で快適空間 株式会社アスカム

  • サイトマップ
  • English site
  • 会社概要
  • セラミック炭
  • 建築資材
  • 生活雑貨
  • お問い合わせ
  • オンラインショップ
トップページ > 建築資材 > 床下調湿材 アスカム

床下調湿材 アスカムI (セラミック炭7L入)

23,599坪(283,189袋)の実績が信頼の証しです。

                                                      2013.8.27 現在

床下炭
 木炭や竹炭が木材の湿気調整や虫食いの予防、消臭などに効果があることは古くから知られていました。寺社仏閣・名茶室と呼ばれる建物の基礎では、木炭が埋設されているのが相次ぎ見つかっています。調湿建材は湿気が多ければ水分を吸収し、乾燥すれば放出する働きを持っています。
ノンエネルギーなのに快適に過ごせる。それが床下調湿炭「アスカムI (ワン)」です。ただの炭と違い、セラミックスをコーティングさせてから焼いていますので、優れた調湿性能が備わっています。住まいの床下に置くだけで、消臭及び湿気を調節して、快適な住まい作りのお手伝いをいたします。
 セラミック炭 床下炭 床下炭
   
   

セラミック炭調湿材アスカムのQ&A

袋から炭が漏れないの?    

アスカムI (ワン)は、不織布の袋に7L(充填時)の粒状のセラミック炭が入れてあります。不織布袋は特殊構造で作ってありますので、空気は通過しますが、施工の時に炭がもれることはありません。床下に置いた後でも、自然に漏れてくることもありません。施工する時に服や室内を汚さないので、扱いがとてもラクです。炭が袋からもれないことは意外に重要なことで、実際に施工する時にわかる大事なポイントです。新築・リフォーム問わず活用出来ます。
床下炭床下炭床下炭
ダンボールから空けて、床下に敷くだけです。新築の際に施工する場合は、床板を張る前に敷きます(約1時間程で完了します。)
   

床下以外にも使うことはできますか?


 セラミック炭は、備長炭や竹炭と異なり軽い素材(比重0.13)ですアスカムI (ワン)一袋あたり1kg程になりまので、床下以外にも活用出来ます。
セラミック炭はグラスウールと類似した断熱効果を持っています。床下以外にも天井や壁の間に施工して断熱効果も期待できます。
床下炭床下炭床下炭
 天井  フローリングの下

使用期限は?


 調湿とは湿度を調節することです。セラミック炭は水分等の湿気が多い時に湿気を吸い、湿気が少なくなり乾燥してくると湿気をはきます。この機能が繰り返しおこなわれますので、長期間にわたってご利用いただけます。



施工実績は? 取り扱い業者は?   個人でも買えるの?

 アスカムI (ワン)は、約23,500坪程(約28万袋)のお宅に納めさせていただきました。公共施設においては、東京都の大東文化大学(東松山キャンパス)、国士舘大学(世田谷キャンパス)石川県の北国新聞赤羽ホールなどにおいても採用されています。
住友林業をはじめ多くのハウスメーカーの物件においてもお取扱いただいております。
建築業者様以外にも、個人の方にも直接弊社にお問い合わせいただければ、数量に応じて価格をご提示させていただきます。
 床下炭 床下炭 床下炭
 大型物件の場合はトラックをチャーターしてお送りします。 工事中の現地に直接届けることができます。 大手ゼネコンが施工するクールピットでも使用されています。(棚の上 アスカムI (ワン)が設置してあります。)


床下に何袋入れるの?

  アスカムI (ワン)は1袋7L入りです。通常坪当り、8~12袋を施工するケースが多いです。袋寸法が45×60cmとなっていますので、12袋を施工した場合に1坪がほぼ収まります。
 購入をご検討の際は、用途や数量に合わせて価格などご案内申し上げますので弊社営業担当までお問い合わせください。
 電話番号
 メール問い合わせ



実証データ

アスカムでは、静岡工業技術研究所、静岡大学農学部、第三者機関の協力によるセラミック炭の素材研究以外にも、社内調査による実地試験も行っています。その一部が下記の結果になります。

検証1:住居においてアスカムⅠの施工前と施工後の床下の湿度調査を行いました。(2003~2005年)


 4~6月 春  
床下炭1床下で5.4%、室内でも3%の湿度低減。
春先の心地よさをより快適に。
40~60%台で湿度の吸収と放出(調湿)を繰り返し、多湿期に備えます。


 7~9月 夏  
床下炭2最も不快指数が高まるシーズン。
施工後は外気と比較しても、室内は平均4.1%の湿度格差。
2004.08.12日13:00の外気30度、湿度70%、室内は30度60%と不快指数も「暑くて汗が出る」から「やや暑い」に緩和されています。





 10~12月 秋  
床下炭3外気湿度平均は、前年比5%アップでしたが、床下環境は3%の改善。
気候の落ち着く10月後半以降は、施工前との床下湿度差は歴然。


 1~3月 冬  
床下炭4測定場所静岡では風の強い乾燥期。
施工前は2月でも70%を超えることも。
施工後は40~60%代をキープ。
平均値では、4.4%の湿度低下。

観察箱におけるアスカムⅠの吸放湿試験

 2004年8月に調査  
床下炭B湿度の高い時は吸湿して、湿度上昇を抑え、湿度が下がれば放湿し湿度をコントロール。
外気湿度との格差と1日の湿度変化の幅が少なくなるので、快適性が増します



 
 床下調湿炭は、床下湿度を改善し湿気に弱い木材を守るため施工されます。最近では、断熱方法や通気、換気の工夫により、改善された空気を室内に取り組む工法なども発表されています。建築工法や設備との両立ができればもっともっと良い住環境がセラミック炭で体感できることでしょう。
 床下炭施工前 床下炭施工後
 施工前の床下  施工後の床下



 
 購入をご検討の際は、用途や数量に合わせて価格などご案内申し上げますので弊社営業担当までお問い合わせください。
 電話番号
 メール問い合わせ








ページ先頭へ戻る